iPSポータルは、医薬系大学、バイオ関連分析機器企業、製薬・再生医療企業等のiPS関連事業分野を広くカバーするポータル・カンパニーとして、iPSテクノロジーを核とした創薬・再生医療のソリューションを提供する企業です。

HOME > 各種サービス > 研究支援・試験受託メニュー > 被験物質添加試験・スクリーニング
被験物質添加試験・スクリーニング
樹立したiPS細胞からの分化誘導試験、分化誘導の論文再現実験や分化誘導細胞を用いて、薬の候補物質(低分子化合物、抗体医薬、核酸医薬、ペプチドタンパク等)、食品成分や化粧品成分の細胞アッセイ・スクリーニング試験をお受けいたします。疾患iPS細胞を用いた薬剤スクリーニングなどご相談下さい。弊社に寄託されている疾患iPS細胞を用いた各種試験も実施させていただきます。
 
【アルツハイマー病患者由来iPS細胞の実施例】

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e5%88%86%e5%8c%96%e6%b3%95

a%ce%b2%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

健常者およびAD患者由来iPS細胞から、大脳皮質神経への分化誘導を実施しました。分化誘導後、神経細胞の形態を観察しました。さらに、培養上清中のアミロイドβ42および40を測定しました。その結果、家族性AD患者由来サンプルにおいて、健常者サンプルと比較し、アミロイドβ42/40比が有意に高値を示しました。
 
上記モデルを用いたスクリーニング試験をお受けいたします。大脳皮質神経以外の分化細胞でも実績がございますので、まずはお問合せをお待ちしております。上記試験で用いた細胞の提供のみも承っております。また、分化誘導に関する詳しい情報については、試験の委託をご検討の場合に限り開示させていただいております。
*本データは一例であり、iPS細胞の由来やロットの違いなどにより結果が異なる可能性があることにつきましてはご了承願います。

お問い合わせ

【各種in vitro試験】
株化細胞(がん細胞等)、初代培養細胞を用いた細胞アッセイ・スクリーニング試験をお受けいたします。フローサイトメトリー、PCR、イメージング等の各種分析が実施できます。

in vitro試験の実施例

・各種がん細胞を用いた抗悪性腫瘍薬スクリーニング
・初代培養細胞を用いた増殖抑制・増殖促進アッセイ
・ターゲット遺伝子発現定量(RT-PCR)
・免疫染色法での定性評価及びイメージング装置による定量評価
・各種サイトカイン産生定量(ELISA)
・培地成分の分析

 

 【細胞を用いた受託試験の流れ】 
%e8%a9%a6%e9%a8%93%e5%8f%97%e8%a8%97%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8
通常は、貴社が保有する細胞を弊社へお送りいただき、試験を実施させていただきます(弊社へ細胞をお送りいただく際には、委託試験のために委託機関へ移送する旨を通知する必要がございますので、各細胞バンクへお問合せ下さい)。細胞を用いた各種試験を開始し、試験の途中には適宜、速報データをお送りいたします。実験の終了後、結果を最終報告書にまとめさせていただき、納品いたします。
弊社が保有する細胞でも試験を受託させていただけるものがございます。詳しくはお問い合わせ下さい。
 

【お問合せから試験実施、成果物納品までの流れ】

%e5%9b%b31

お問い合わせ