iPSポータルは、医薬系大学、バイオ関連分析機器企業、製薬・再生医療企業等のiPS関連事業分野を広くカバーするポータル・カンパニーとして、iPSテクノロジーを核とした創薬・再生医療のソリューションを提供する企業です。

HOME > 会社情報 > 基本理念・沿革
基本理念・沿革

基本理念

iPSテクノロジーの事業化促進により社会に貢献する。

ただし、自らは、創薬、再生医療を行わない。

かわりに、こうしたことにチャレンジしている企業・研究者を  

成功に導くためのインフラを提供する。

事業内容

ips_%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%bc

iPS & Beyond テクノロジーは再生医療や創薬研究に留まらず、化粧品開発や機能性食品開発、更に異業種からの新規参入など、ライフサイエンス研究の発展に大きな期待が寄せられています。iPSポータルの経験豊かな研究チームや再生医療等製品製造販売承認経験者、バイオベンチャーの立ち上げ経験者が貴社のパートナーとして、共に未来の産業を創っていきたいと考えています。

沿革

iPSポータルは、iPSアカデミアジャパン株式会社の特許関係以外の業務の譲渡を受け、2014年9月から業務を開始しました。また、2016年2月に、国内初の国家戦略特別区域血液由来特定研究用具製造事業認定を受け、日本国内の患者様の血液から疾患iPS細胞を作製することが可能となりました。
2017年4月に、国立研究開発法人理化学研究所バイオリソースセンター(理研BRC)と疾患iPS細胞等の相互利活用に関する提携契約を締結いたしました。

強み

・特定の企業系列に属さない中立性
・高い社会貢献度を広く認められた公益事業性
・自社では創薬、再生医療を手掛けない非競争性
・アカデミア、企業との人的ネットワーク