iPSポータルは、医薬系大学、バイオ関連分析機器企業、製薬・再生医療企業等のiPS関連事業分野を広くカバーするポータル・カンパニーとして、iPSテクノロジーを核とした創薬・再生医療のソリューションを提供する企業です。

MENU
ENGLISH
HOME > 各種サービス > 疾患・多型iPS細胞パネル
疾患・多型iPS細胞パネル

疾患・多型iPS細胞パネル(国家戦略特区事業)

弊社は、平成28年2月29日に国家戦略特別区域血液由来特定研究用具製造事業認定を受けました。
これは血液法第12条では、業として人体から採取された血液又はこれから得られた物を原料として、血液製剤等以外の物の製造を禁止されております。他方、iPS細胞は皮膚や脂肪からでも作成は出来ますが、採取時に患者様へのご負担がかかります。
弊社は、この特区認定により、血液から患者様由来のiPS細胞(疾患iPS細胞)を作成し、製薬会社様へ提供することが可能となり、創薬開発において、これまで適当な病態モデルが無く創薬が進まなかった疾患へのアプローチを積極的に支援します。
なお、日本全国の連携大学医療機関等とのネットワークにより、患者様の同意を得た血液検体を収集し、弊社にてiPS細胞を作製致します。なお、疾患iPS細胞の所有権は血液を提供頂いた大学・医療機関様が保有し、製薬企業様へは使用権を提供する枠組みとなります。

疾患・多型iPS細胞パネル概要

該当する医薬品の対象患者セグメントの明確化(層別化)に必要なだけの、遺伝子変異や病態のバリエーションを揃えた「パネル」化を予定しています。

疾患・多型iPS細胞パネル概要

疾患・多型iPS細胞パネルの想定活用シーン

大学・医療機関等のお客様は、“iPS細胞を作る手間無く”、分化誘導して病態再現し、疾患メカニズム及び治療法の研究を行うことができます
製薬企業等のお客様は、大学・医療機関等での病態再現研究を参考に、独自の創薬スクリーニング系を組むことができます。

疾患・多型iPS細胞パネル概要

疾患・多型iPS細胞 標準仕様

品質

  • iPS細胞としての基本性質を確認・一般実験室での使用が可能な安全性(ウイルス解析等を実施)を確保
  • 全てについて疾患責任細胞への分化誘導性を確認してご提供
  • 代表的な症例の細胞でフェノタイプを確認してご提供

構成

  • 疾患にも依りますが、一疾患当たり数個~数十個のiPS細胞を収集(sporadicを含む)予定。
  • 可能な限りコントロール(遺伝的背景の近い非発症例)を含んだ構成でご提供

付属データ

  • ゲノムデータ(エクソーム解析データ)
  • 診断情報(年齢、性別、病歴、診断データ等;個人を特定できない形)

疾患・多型iPS細胞 使用の範囲

所有権

  • iPS細胞の所有権は、大学医療機関に帰属します

使用の制限

  • ヒトに投与すること以外、あらゆる目的にご使用頂けます。

成果や知的財産の帰属

  • 本iPS細胞を活用して、お客様が新たに得た成果や知的財産は、すべてお客様に帰属します。
  • 本iPS細胞を活用して、お客様が独自に創出された製品に関しては、大学等保有の所有権の範囲外です。

創薬支援サービス

製薬会社様の創薬開発課題にお応えするために、弊社の創薬オープンラボや各種受託サービスを組み合わせて、効率的な創薬開発をサポート致します。例として、

使用権取得前

疾患iPS細胞を用いた創薬アッセイ系のフィージビリティスタディを行って頂ける「創薬オープンラボ」を活用頂けます。

使用権取得後

効率的な創薬開発のために、弊社の「維持培養受託サービス」・「分化誘導受託サービス」を活用頂けます。