iPSポータルは、医薬系大学、バイオ関連分析機器企業、製薬・再生医療企業等のiPS関連事業分野を広くカバーするポータル・カンパニーとして、iPSテクノロジーを核とした創薬・再生医療のソリューションを提供する企業です。

MENU
ENGLISH
HOME > 各種サービス > iPS細胞培養・分化誘導受託サービス
iPS細胞培養・分化誘導受託サービス

お客様の研究開発を効率化する支援サービスを提供しています。
iPS細胞や分化細胞の効率的な活用を希望されるお客様へのベーシックなサービスです。手間のかかるiPS細胞の維持培養や時間のかかる分化誘導方法の予備検討など、お持ちのiPS株の維持増殖培養、新規樹立、改変、分化誘導が可能です。

1.維持培養受託サービス

維持培養受託サービス

面倒なiPS細胞維持培養の手間を省いていただけるサービスです。お客様のiPS細胞をお預かりして、「必要な時」に、「必要な量」、「必要な形態」の「培養状態(ready to use)」にてiPS細胞をお届けします。

1.継続的にiPS細胞を使用される場合

(サービス提供法)

  • 弊社と維持培養に関する「委受託契約」を締結
  • お客様が使われるiPS細胞を弊社に凍結バイアルで送付
    (iPS細胞がiPSアカデミアジャパンや大学等からMTA等で供給されたものである場合、弊社に維持培養を委託する旨の連絡を供給元へお願いします。)
  • 提供用ストックを弊社にて作製
  • 開始時期、提供の頻度、数量等を設定
  • 納品形態は、T25ボトル単位のiPS細胞をライブ(ready to use)提供

(費用)

  • 基本管理料と細胞提供料からなります。
    (細胞提供料は、提供頻度や提供量によって変化します)

2.期間限定あるいは試行的にiPS細胞を使用されるお客様

①お休みパック
年末年始やゴールデンウィーク等、長期の休みに弊社がお客様に代わって維持培養し、休み明けにiPS細胞をライブでお戻しするサービスです。

②オープンラボでのテスト使用
iPS細胞使用のライセンスをもっていない、あるいはiPS細胞も持っていないが、iPS細胞を使ってみたいというお客様向けのサービスです。
お客様のご都合に合わせて、弊社オープンラボで標準的なiPS細胞を使っていただけます。iPS細胞の導入を本格決定されるまでのフィージビリティテストに最適です。

2.新規樹立サービス

新規樹立サービス

お客様の細胞からiPS細胞を新規に樹立するサービスです。樹立したiPS細胞を弊社にお預けいただいて、維持培養サービスと併せて活用いただくと効率的です。
(サービス提供法)

元細胞 お客様より提供
作製法 エピソーマルプラスミド法(京都大学よりライセンス供与)、フィーダーフリーでの樹立を基本としますが、他の作製法にも対応します。
品質 ご希望に応じてクローンを選択、品質検査(オプション)項目もご希望に沿って設定。

3.改変サービス

改変サービス

iPS細胞を新規培養法に馴化したり(例えば、フィーダーフリー化)、遺伝子を導入したりして、改変iPS細胞を作製するサービスです。詳細はお問い合わせください。

4.細胞分取・分析サービス

細胞分取・分析サービス

「社内のFACSが一杯で順番待ち」、「大学との共同研究で細胞分画をしなければならないが、大学の機器は使えない」というようなお客様向けのサービスです。高性能FACS Aria Fusion を用いて、タイムリーに細胞分取・分析サービスを提供します。弊社研究員が受託サービスで行うことも、お客様が独自にオープンラボで分取されることも可能です。

5.分化誘導試行サービス

細胞分取・分析サービス

iPS細胞から誘導した分化細胞を活用した創薬スクリーニングをお考えのお客様にとって、目的にあった分化誘導法を決定するための予備検討は、労力のかかる作業です。
本サービスは、様々な分化誘導系(弊社の分化誘導系、またはお客様からご紹介頂いた分化誘導系など)で、分化細胞を誘導し、どの分化誘導系がお客様の目的に適するかを提案します。創薬スクリーニング開始までのスピードアップを図ることが可能です。

お問い合わせ