iPSポータルは、医薬系大学、バイオ関連分析機器企業、製薬・再生医療企業等のiPS関連事業分野を広くカバーするポータル・カンパニーとして、iPSテクノロジーを核とした創薬・再生医療のソリューションを提供する企業です。

ニュースリリース

2018-01-30
株式会社NTTデータ経営研究所との業務提携について

 

 

(株)NTTデータ経営研究所とのライフサイエンス分野の経営コンサルティングに関する業務提携について

 

株式会社NTTデータ経営研究所
株式会社iPSポータル

 

 株式会社iPSポータル(本社:京都市上京区、代表取締役:村山昇作、以下当社)と株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島祐治、以下当社)業務提携することに合意しました。
 これにより、両社はライフサイエンス分野において高度な専門性に基づく技術評価、ファイナンスなど事業化支援から経営戦略・事業計画策定、アライアンス支援など幅広いサービスをベンチャー企業、当該分野に新規参入を計画する大手企業に提供していきます。

【背景】
 NTTデータ経営研究所は再生医療・遺伝子治療を中心としたライフサイエンスのイノベーション分野に対して、パブリックセクター(官公庁)での規制改革、事業環境整備、海外動向調査から、プライベートセクター(民間)での市場調査、新規事業立案、経営意思決定支援に幅広く取り組んできました。

 iPSポータルは、ウェットラボを用いた現場を持つ強みを生かし、ライフサイエンス分野の専門家による技術評価、ベンチャー立ち上げ支援、ファイナンス分野でのコンサルティングに取り組んでいます。

 この業務提携により両社は、研究開発期間が長くリスクが大きいといわれるライフサイエンス分野に取り組む企業を支え、わが国の次世代産業の育成のため、技術戦略と経営戦略の策定と意思決定支援をトータルにサポートします。

【業務提携の概要】
 ライフサイエンス分野においては研究開発リスクが高く、異業種からの参入が比較的難しいと考えられています。一方で、わが国はiPSテクノロジーを代表とするライフサイエンスイノベーションの中心的存在であり、これは再生医療に留まらず、ライフサイエンス分野(創薬、食品、化粧品、化学)に広く応用されようとしています。両社の業務提携において、これらに関連する新規事業の計画、事業領域の変更・拡大をはかる企業に対する技術評価、ビジョン策定や事業計画策定の支援を行うと同時に、ベンチャー企業に対するファイナンス支援、アライアンス支援などを提供します。

 また昨今のデジタル分野(AI,IoT,ビッグデータ,AR/VRなど)の発展も目覚しく、NTTデータグループの知見も活用しながら、テクノロジーも絡めたデジタル×ライフサイエンスにおける構想策定にも取り組んでいきます。

【NTTデータ経営研究所の再生医療関連サービスについて】
 再生医療分野において、官民の橋渡し役を担ってきました。再生医療産業の活性化・インフラ構築支援、新規参入を企図する企業への市場調査・事業戦略構築支援、海外ネットワークを活用したグローバル化の支援も行っています。http://www.keieiken.co.jp/

【株式会社iPSポータルのiPSテクノロジー関連事業について】
 創薬研究や再生医療分野で製品開発や事業化を目指す企業に対して、iPS細胞関係の技術評価、疾患iPS細胞を活用した創薬基盤プラットフォーム構築、機器・試薬の開発支援、教育研修、コンサルティングにより、企業の研究開発効率を高める支援に取り組んでいます。2016年には、日本国内で患者様の血液から商業利用可能な疾患iPS細胞を作成できる唯一の国家戦略特区事業認定者となりました。

お問い合わせ
株式会社 iPSポータル ライフサイエンス事業部 
京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448-5 クリエイション・コア京都御車201号室
TEL:075-256-8567 FAX:075-256-8646