iPSポータルは、医薬系大学、バイオ関連分析機器企業、製薬・再生医療企業等のiPS関連事業分野を広くカバーするポータル・カンパニーとして、iPSテクノロジーを核とした創薬・再生医療のソリューションを提供する企業です。

HOME > 会社情報 > 基本理念・沿革
基本理念・沿革

基本理念

大学と企業、企業と企業を結ぶポータルカンパニーとして、iPS細胞培養から関連装置に至るまで幅広くカバーし、iPSテクノロジーの事業化を推進します。創薬開発、再生医療を効率的に進めるためのプラットフォームを提供することにより、創薬・再生医療分野の発展に貢献します。

基本理念

沿革

iPSポータルは、iPSアカデミアジャパン株式会社の特許関係以外の業務の譲渡を受け、2014年9月から業務を開始しました。また、2016年2月に「血液由来特定研究用具製造事業」の国内初の国家戦略特別地域事業者として認定を受けました。
現在、日本国内で患者様の血液から樹立された疾患iPS細胞を商業的に作成可能な唯一の企業です。
2017年4月に、国立研究開発法人理化学研究所バイオリソースセンター(理研BRC)と疾患iPS細胞等の相互利活用に関する提携契約を締結いたしました。

事業活動

iPSテクノロジーの応用分野は広く、創薬研究から再生医療にまで及びます。
iPSポータルは、自らがiPSテクノロジーを使って創薬開発や再生医療は行いませんが、創薬や再生医療分野にチャレンジする企業に必要な用具やインフラを提供することにより、企業の研究開発効率を高め、成功へのお手伝いをいたします。患者様由来の疾患iPS細胞を活用した新たな創薬プラットフォームを提供するのはその一例です。